SKi's 生誕16年祭

招待券が事務所から送られて来たので久しぶりだし、こまばだし、という事もあり見に行った。
新人も入って来て、生で初めて見る子も何人もいて新鮮味はあった。が、いかんせん経験値不足だろうというのがMCに現れ、かなりグダグダに。りりかもトークが前より下手になったんじゃないか?
曲は初めて聴く曲もあったし、懐かしい「地球に愛を」などもあり、選曲はそれほど不満は無かった。課題は山積みだが、これをいい機会として、新人ちゃんたちはもっと頑張らないといけないね。

ムーンライトながら

来春のダイヤ改正時に、ムーンライトながらが廃止されるという話があるそうだ。
深夜列車では銀河がなくなったのが記憶に新しいが、ついにながらにまで影響が出てきてしまった。
時期によっては非常に重宝し、自分も北海道旅行時や、チボリ公園に行った時の帰りの上り便や、下りは22時過ぎまで都内にいる時など、数え切れないくらい利用させてもらった。
最近のバスの低価格化や、安いビジネスホテルの影響で、利用者が減っているのが原因らしいが、鉄道ファンには無くてはならない存在であろう。
まだ完全廃止という訳ではなく、季節運転(春・夏・冬の長期休み期間など)になるという方向性もあるようなので諦めるのはまだ早いが、それでも定期列車としてあって欲しいと自分は思っている。

ブログ再開

1月にMixi始めて、主にそちらがメインになっていましたが、1年放置していたこちらも再開する事にしました。
とりあえず内容を使い分けしたりして両方をうまく活用して行きたいなと思っています。

ORANCHE in 掛川納涼祭(8/4)

画像掛川駅前通りの商店会による掛川納涼祭にORANCHE大林幸二さんが歌謡ステージを行いました。歌謡ステージは19時半からの予定だったので、ぎりぎりまで自宅で涼み、静岡を17時半に出発。18時半くらいにはステージ前に到着。ステージでは町内の子供たちによる歌や踊りの発表会のような事が行われていて、時間までいろいろな屋台を見て回る。お茶で作ったビールがあったので、まずは1杯。泡の色が緑なのがいかにもって感じで、味もなかなかいけてた。19時過ぎに戻ると今度は青年会のような集まりの踊りが始まった。19時半までに戻るつもりでまた買い食いに行くも、戻ってきても踊りは終わる気配すら無く、さらに音響の不備で、何度もブレーカーが落ちてやり直したりする事も。これが後にとんでもないトラブルになるとは、この時思ってもみなかった。
リハすらやる時間も取れないまま、20時過ぎにようやく開始。まずはMinamiKaoriの2人が登場し、大林幸二を紹介し、「義経のポエム」でスタート。MCでは相変わらずの軽快さで笑いを誘っています。3曲目を歌う前の2曲目は「大当たり!音頭」。続いて橋幸夫さんの名曲を2曲披露。最後にもう一度「義経のポエム」を歌って前半終了。
画像まずは「S.O.S」からスタート。後ろでは地元の若手衆らがなにやら盛り上がっていた。2曲目は「透明人間」。メンバー紹介をして「狙いうち」を。ぷ~ちゃんのダンスがやけに激しいなぁ(笑)。4曲目は「サザエさん一家」で、間奏部分のクイズは掛川に関する物だった。「YELL」を歌い、ラストは「ジパング」。曲ももうすぐで終わりという所で、思わぬ事態が発生。主催の関係者が唐突にステージ前に出てきて手で×印を作り、ステージを中断させる。この時の時間が21時を少し回った所で、15分後に交通規制が解除されるため、急遽打ち切りという事になってしまったのだ。ステージも中途半端になってしまい、メンバーも困惑していた。まだこの後に大林さんがもう一度登場するはずが、一方的な打ち切りで社長も主催者側の対応に怒りをあらわにしていた。とりあえずステージは終了し、歩道に上がってそのまま物販タイムに。適当にだらだらとメンバーの写真撮ったり話をしたりする。明日もイベントがあるが、法事が重なって行けないと一部のメンバーに説明。物わかりのいいメンバーがいると、こういう時助かるよ。まもなくして解散。
帰りの電車にて、今回の主催者の対応についていろいろと知人と話しをした。まず、いきなり出てきて「はい、中止」というのはあまりに失礼な対応だなぁというのがまず出た。中止するにももう歌自体が終わりに近かったし、ステージに出てくるのではなく、スタッフにまず声をかけて事情を説明して打ち切るのが普通だろう。だいたい、音響の不備でたびたび中断し、こどもたちの発表会や踊りが最初からやり直ししたのが間違いの元。終了時間が決まっていて、進行もある程度きっちりしないとどうなるかわかりそうなもの。なんで素人のためにプロのステージがないがしろにされなきゃいけないのか、主催者にはその辺を大いに反省していただきたいと思う。

愛歌フレンドの会(7/29)

画像清水テルサのテルサホールにおいて、「~2007~愛歌フレンドの会」のカラオケ大会が行われ、ORANCHEがゲストとして出演しました。イベントは9時半から始まりましたが、ORANCHEの出番が12時半から14時くらいの間と聞いていたので、11時くらいに着くように出かける。会場に着き、とりあえずエントランスで涼み、様子をうかがう。ロビーも狭いので、しばらくエントランスでまったりしていたら、まもなくメンバーがやってきた。すでに何人か入場しているようだったが、12時くらいに入場。入場時にゲストの一条聖矢さんの「ゆりかご」のCDをいただく。パンフレットをもらったので、現在までの進行具合を見ると、まだ前半の途中で、一条聖矢さんのステージが始まったくらい。ちなみにORANCHEの出番は50人以上のカラオケが終わってからになるので、かなり押す事になりそうな感じだった。ホール内に入っていてもアレなんで、ちょうど物販が支度してあり、そこに研修生のMikiちゃんとShinoちゃんがいたので、話相手になってもらう。Mikiちゃんは結構人見知りしないようなのか、結構いろいろと話をしてくれた。で、13時に出番という事になって一旦ホール内に入り、席を確保したが、さらに押しそうな感じだったので、またロビーに戻ってトークタイムに(笑)。進行通りの出演となったため、あと5人くらいの所でみんなホールに入って出番を待つ。
予定を大幅に遅れて14時20分にスタート。テーマソングに乗せてメンバーがいつもより多めにステージ上を駆け回ります。まずは「S.O.S」から。ここで早くもちびっこグループがステージから降りて客席でダンスをする演出が。メンバーが降りて来たおかげで、ホールのライトも点き、撮影条件は多少だが良くなった。2曲目は「狙いうち」。ここでもちびっこメンバーがダンスで大活躍。英語ネタのMCを経て「YELL」「ジパング」で終了。20分弱のステージで2,500円は正直割に合わないけど、仕方ないのかなぁ?
物販タイムでは、17日に静岡市民文化会館中ホールで行われる「オレンチェスーパーライブ」のチケットを売り始めた。プレイガイド等で買おうと思ってはいたが、事務所サイドで売るようならば、そっちで買うつもりだったので、Yukoから買う。小心者のメインボーカルだから、これで少しでも負担を和らげられるならいいか。まもなくして物販も終了し、挨拶をして解散。

第20回かんなみワクワク狩野川まつり「笑福 かんなみ猫おどり」(7/28)

画像函南町主催の第20回かんなみワクワク狩野川まつりにORANCHEが出演しました。出番自体は19時近くではあるが、祭りを楽しもうと16時半くらいに会場に到着。出店などを回っていると、社長と偶然会い、ライブ以外にも出番がいくつかあると言われたので、ステージの進行を見つつ、いろいろと買い食い。17時半過ぎくらいにORANCHEを代表して、ShinopuShizunoNanaの3人が、猫メイクをしてステージに登場。曲にのせて猫のしぐさなどを盛り込んだ振り付けで踊ります。出番が終わり、ライブまでまだ1時間くらいあり、ちょうど酪農王国オラッチェの出店カーを見つけ、地ビールを売っていたので買って飲む。やっぱ祭りで飲むビールはうまいねぇ。辺りも次第に暗くなり、だんだんお祭りの雰囲気になってきた。
画像猫踊りコンテストが若干押して、19時ちょっと過ぎにようやくライブ開始。ステージの周りにはシートを敷いて楽しんでいる人たちもいるため、じゃまにならないように、なるべくステージ前に詰めて、座って見る事に。恒例のテーマ曲に乗せてORANCHE登場。「S.O.S」から始まり「狙いうち」に。通常のステージと違い、360度周りから見られるステージなため、コーラスマイクのメンバーたちは、正面ではなく、マイクスタンドを後ろやサイドに向けて歌っていた。3曲目は「サザエさん一家」で、間奏部分のクイズは、函南町にまつわるクイズになっていた。4曲目は「夢みるアスカ」。手話レクチャーも行い、3ヵ国語版で歌った。最後は「YELL」「ジパング」で終了。
猫おどりコンテストなどがまだ続く中、脇のテントにて物販タイム。翌日のイベントのチケットなどを売りに来た。Nanaが売りに来ていたが、わざと渋って拒否(笑)。すると今度はYukoが挨拶しにやって来て、チケット買ってないと言うと、お願い攻撃に出てきたので、ピン札渡して購入。その後も猫耳をメンバーに着けさせて撮影したりと、かなり長めの交流タイムになった。いよいよフィナーレとなる所で総踊りとなり、メンバーは全員ステージに。輪になって踊る所をステージ脇まで移動して撮影。
画像最後は花火大会となり、メンバーと一緒に打ち上げ花火を鑑賞。ここでせっかくだからと花火撮影にも挑戦。いい感じで開いたタイミングで撮るのって、結構難しいね。デジカメで数撃ちゃ当たるじゃないと、自分には無理だ(苦笑)。
21時に祭りは終了。挨拶をして解散。会場から希望の駅までのシャトルバスを待つ。一番伊豆仁田駅に行く人が多く、1本待たされた。するとちょうどメンバーを乗せたバスが目の前を通過していったので、手を振ってみた。果たして気づいたメンバーはいたか?で、最終便となってしまう時間になってしまったがなんとか乗車して戻る。三島まで戻る頃には22時を過ぎていて、新幹線で戻ろうか考えたが、最終の1本前の沼津乗り換えの電車に間に合ったので、ゆっくり帰る事にした。

ORANCHE in 夕張石炭の歴史村(7/23)

画像ORANCHEの北海道ツアー最終日。札幌から夕張まで移動するため、7時起きでホテルでの朝食を済ませて8時に出発。1時間ちょっとくらいで会場である石炭の歴史村に到着。駐車場は休日は有料らしいが、平日は無料。さらに入場に関しても、博物館などの施設への入場をする場合はぐるっとパスというのを購入しなければいけないのだが、しないのならば無料らしいので当然買わずに入る。中へ進み、イベント広場に到着。立派なステージがあったので、ここでやるのだと決めつけ席取り。平日なため、人影はまばら。イベント客以外は、従業員くらいしか見あたらない(苦笑)。暇なので、土産物屋を覗いたり、夕張メロンのソフトクリームを食べたりしながらくつろぐ。結局、ファンは13人集まった模様。
11時半から第1部開始。裏からステージに上がるまで距離があったので、かなり大変な入場になったようだ。まずは「S.O.S」から。「ワインド・アップ」「フィレンツェ的に恋をして」と3曲続けて歌う。ファミリーユニットらしさを紹介する意味で懐メロメドレーに。ここでちゃんが「メドレー」を「メロディー」と言ってMCがグダグダに(苦笑)。「YELL」「ジパング」で終了。物販ではこの後の昼食会&撮影会の参加券を売りに来た。当初はバーベキューの予定だったが、人数が集まらなかったため、レストランでの昼食会という事になったようだ。正直、これでの1万円は高いなぁ。第2部までの間、昼食会があるから、食事をするという訳にもいかず、日差しが強いため、木陰に入ったりして涼み、時間になるのを待つ。予定では13時からなのだが、なぜか30分押す事になった。スタッフに終了予定時刻を聞き、帰りの飛行機の時間の関係で、16時くらいをメドに終了出来るように要望をしておいた。
13時半から第2部開始。このくらいの時間になると、一般の客も少しではあるが増えてきて、ステージを見てくれる人もいたようだ。「渚のシンドバッド」「透明人間」「狙いうち」と3曲続けて歌う。「夢みるアスカ」の手話レクチャーをしていざ歌にっていう所で、なぜか「動物園がやってくる」のオケが。さらに続けてメンバー紹介用の「世界に一つだけの花」がかかり、ここで機転を利かせてそのままメンバー紹介に突入。これは果たして狙っての事なのか?三度目の正直で、ようやく「夢みるアスカ」に。「YELL」「波乗りパイレーツ」で終了。
物販タイムもほとんど無しという事にして、すぐに昼食会に入る。レストランに移動し、まずは客が指定テーブルの中で、番号札のない席に適当に座る。そして番号札の席にはメンバーが抽選をして着席する事に。この昼食会ではYukoに加え、Risaちゃんも体調不良のため不参加になっていた。自分は左右と正面にメンバーが来る席をキープ。抽選で来たのは、正面がぷ~ちゃん、左がMadokaで右がちゃん。料理はサラダやチャーハン、パスタなどがいくつも置かれ、それを取り分ける方式。まずは乾杯から始め、食事に入る。結構取り分けに時間がかかり、あっという間に最初の抽選での滞在時間の15分が過ぎた。2回目の抽選では、正面にAyano、左にSayuri、右にShizunoとなった。多少は落ち着いたので、ようやく会話が弾む。ステージでの英語ネタをきっかけに、ある英語の引っ掛けクイズをSayuriに出していたら、それがあっという間に離れの席のメンバーを巻き込んでの大盛り上がりとなった。時間もあっという間に過ぎ、撮影会の方に進む。レストランの入口付近で自由に撮影。レフ板準備していた客がいて、一部のメンバー間で、レフ板を畳めるかどうかが試された。やっぱ器用な子はすぐ要領掴んでぱっぱと畳んでいた。30分くらいで撮影会も終了。最後に全員整列をして、リーダーから締めの挨拶があって全行程を終了した。
画像


遠足は家に帰るまでが遠足なので、まだまだ自分たちのツアーは終わっていない。16時すぎに出発。名古屋組が18時台の飛行機なため、急いで新千歳空港へ。2号さんの運転で思っていたよりも早く移動出来、17時過ぎにレンタカー屋に到着。3日間借りて、ハイブリッド車という事もあってガス代も安かったおかげで一人頭8,000円くらいで済んだ。送迎バスで空港へ向かい、名古屋組とはここでお別れ。まず自動チェックイン機で航空券を発券し、会社へのお土産探しに。無難に白い恋人で済ませ、空いた時間でラーメンを食べにレストランフロアに。店の一番人気のねぎチャーシューメンの味噌味を注文。これでサッポロラーメンも食べられたので、食という点に関しては北海道を満喫出来た。
画像19時ちょっと前に搭乗ゲート前に移動。19時25分発のANA76便に乗ります。当初はANA4724便、エアドゥとの共同運航便を予約したのだが、欠航でこっちに振り替えとなった。で、その振り替え便がボーイング747-400で、ポケモンジェットとなったため、せっかくなので記念に機体を撮影。搭乗し、今回は2階席に。羽田には21時過ぎに到着。預けた手荷物を手早く引き取り、K氏と共に京急の乗り場に。急行の品川行きに乗り、22時ちょっと前に到着。新幹線への乗り継ぎが間に合うか心配だったが、なんとか間に合った。先にK氏がひかり号で行き、自分は最終の静岡行きのこだま号に乗車。平日は普通車全車自由席なので、かなり余裕で座れた。23時半に無事静岡に到着。雨が降っていたので、駅からタクシーで帰宅。これでようやく今回の北海道ツアーは終了となりました。

ORANCHE in テイネオリンピア(7/22)

画像ORANCHEの北海道ツアー2日目。某ツアーと違い、メンバーと朝の散歩といった予定は無い。しかし朝7時に起床(笑)。ホテルの出発は9時半を予定しているので、かねてから生で見てみたいと思っていた時計台まで片道約1kmを散歩がてら見に行く。駅を経由して進んでいったが、歩車分離式信号だらけで、安全なのはいいが、思っていた以上に信号待ちで時間がかかった。30分くらいで時計台の前に到着。10分くらい写真を撮ったり、周りを見て歩いたりなどした。本当に周りはビルに囲まれているんだと、改めて実感。帰る途中、少しルートを西にとり、北海道庁へ向かい、旧本庁舎(赤レンガ庁舎)も撮影して1時間ちょっとの朝の散歩終了。8時半にホテル2階のそば屋で軽朝食を食べに行く。ミニクロワッサン(プレーン・チョコ)、レーズンパンにジュース・コーヒー・紅茶しかない文字通りの軽朝食だったが、食べ放題なので、それなりに満足。予定通りに9時半にホテルを出発し、テイネオリンピアに向かう。微妙にナビのルートが昨日と違うのでちょっと迷ったが、ほぼ予定通りの時間に到着。リハに合わせて来たが、どうもリハはやらないようだ。そうこうしている内に時間に。
画像12時から第1部開始。メンバーは全員揃っているはずが、ステージにはYukoの姿は無い。後から社長に聞いたら体調不良で休ませたとの事。リハやらなかったのはこのせいだったかもな。という訳で、昨日に引き続きセンターにはNanaの姿があった。進行は昨日の第1部と同じ。宮様がいるので、メンバーの位置が少し変わったくらい。「YELL」を歌う直前のMC中に社長と話をしていて、やはり昨日の事や、Yukoの体調不良を気にしているようだった。「YELL」が始まり、今日は間違えないだろうなと、一番注目する場面がそこになった。なんとか無難に進み終了。物販タイムになり、イベント後の撮影会&遊園地で遊ぼう会の参加券を売りに来た。当初6,000円の予定だったが、遠方から来てくれたお礼をこめ、5,000円に値引きされていた。参加券を買い、他の物を買う予定もないし、がっつき写真を撮る気もその時は無かったので、休んで金庫番しているYukoの元に行き、体の調子などを聞いたりなど、少しばかりおしゃべり。その後社長とも少し話し、遊園地で遊ぶのも、体調を見て決めるような事を言われ、無理だけはさせないようにお願いしておいた。昼食は昨日と同じテントハウスで。
14時から第2部開始。今回はYukoが登場した。まずピンクレディ・メドレーで、「S.O.S」「ペッパー警部」「透明人間」「モンスター」「カルメン'77」のロングメドレーを披露。2曲目は久々の「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」。3曲目は「夢みるアスカ」。手話レクチャーも行われ、昨日からステージ脇で一緒になって踊ってくれているマスコットの遊太くんとくるみちゃんも頑張って盛り上げてくれました。「YELL」「波乗りパイレーツ」で終了。
物販タイムもほどほどに、撮影会をステージ上で行う事に。メンバーが2~3人一組でステージ各所に散って、適当に撮影。始まってまもなく霧がたちこめ、少しばかり撮影に影響が。撮影会にはYukoは参加していたので、普段なかなか撮れない構図で何枚か撮影。さらに研修生の子も参加となり、ツアー中は今回限りという事で殺到しました。20分くらいで撮影会は終了。本音を言うと、全員の集合写真を撮るようにして欲しかったんだけどねぇ。
画像引き続き、遊園地で遊ぼう会に。イベントで入場はしてはいるが、メンバーも一般入場者と同じように入園証を身につける事に。ここで社長と宮様の入園証を巡るベタなコントが見られた(笑)。メンバーの振り分けですが、絶叫系NGのお子様組Aチーム(RisaNanamiChiharuMadoka・研修生)、一応大丈夫なBチーム(KaoriSayakaYukaYumiAyano)、残ったCチーム(MinamiShinopuNanaSayuriShizuno)と分かれ、Yukoは大事をとってお休みに。どのチームに付いて行ってもよいという事で遊ぼう会開始。自分はBチームに付いて行った。最初は客が6人いたが、あ○ちゃんが他へ移動したため、ちょうど5人づつになった。まずはステージすぐ脇にあったツイスターから。じゃんけんでペアになる組み合わせ抽選をし、まずはYumiとペアに。向かい合わせに乗り、始動を待つ。係員がシートベルトの締め具合を確認してからいよいよ始動。全体が周回し、乗っているゴンドラが回転するという物で、フェイントかけた回転もあったりして、早くもメンバーの絶叫声がこだまする。Yumiもかなり怖がったようだ。まじに回転の際、自身の体重で腰が浮いて、恐怖感はあった。が、終始笑って乗ってました。メンバーは想像以上の怖さだったようで、ここで落ち着けるよう、次に2階立てメリーゴーランドに。ちょうどAチームとも合流し、一緒に乗る事に。メンバーは2階部分に乗ろうと思っていたようだが、幼児以下しか乗れないらしく、全員普通の物に乗る。宮様にはここがお似合いと馬車に。ここで一緒に乗る事に。写真撮影可のため、撮らせてもらったが、やっぱ似合っているよなぁ。
画像落ち着いた所でジェットコースターに。ここでのペアはKaoriちゃんに。ジェットコースター自体、急勾配や急カーブといった物が無く、比較的なだらかなアップダウンのため怖さはないが、コースターが狭くて膝が少し痛くなった。次はすぐ近くの2人乗りゴーカートに。ここでのペアはAyano。カート自体操縦は久しぶりだったけど、ブレーキが利きすぎるくらいいいので、安全運転で進みました。時間も無くなって来たので、最後にコスモスインガーに。ここではYukaとペアに。ペアと言っても1人乗りシートで、単に隣同士というだけですが(笑)。単純な遠心運動の乗り物なのに、車酔いのようなダメージをメンバーと一緒に受けてしまったよ。中途半端に時間が余り、ゆっくり話をしながらステージに戻る事に。ここでCチームとすれ違い、Cチームは3回目のジェットコースター乗車に向かったようだった。時間になり、全員整列し、リーダーから締めの挨拶があって終了。
終了後、車でホテルに戻る。夕食をジンギスカンにしようと全員一致で決めていたので、ホテルで近くにそういった店があるか聞いてみたら、1軒微妙な店を紹介してくれた。とりあえずビール園の食べ放題に行くような感じで話をして、徒歩で名古屋組のホテルへ移動。ちょうど教えてもらった店が途中にあったので前を通ったが、確かに微妙な感じだ。名古屋組のホテルに着き、さあ行こうと思った所で、フロントで予約を取ってしまたそうで、しかもそれが例の店という事で移動する。入ったお店は「ヤマダモンゴル」という店で、カウンターに6人並んで座る。七輪に炭火という思っていたよりいい感じ。準備が出来るまで、ビールで乾杯。肉は、ショルダー、レッグ、特選ロースの3種類。せっかくなので、3種盛り合わせで注文。全然癖や臭いも無く、食が進む。お店の人との会話もあり、微妙に思っていたのとはうってかわってかなりアットホームな雰囲気で食事が出来た。締めに予約をした際にサービスとなったラーメンを。ラーメンと言っても麺だけで、七輪から鉄板をおろして、代わりに鍋を置き、その鍋で麺を茹でる。そしてジンギスカンを食べていたタレに湯を入れ、つけ麺にして食べるようだ。で、これがまたオツな味でうまかった。
食後は駅まで歩き、適当に解散。某氏はすすきのへ向かったようだったが、自分はゲーセンへ(笑)。1時間半ほど遊んで戻って2日目終了。

CAPアイドルスペシャルLIVE(7/21)

画像札幌エスタのプラニスホールにて、「CAPアイドルスペシャルLIVE」が行われ、ORANCHEが出演しました。テイネオリンピアでのイベントを終え、車で札幌市街地へ向かい、自分とK氏の宿泊予定のホテルに寄り、チェックインと余分な荷物を置き、次に名古屋組の宿泊しているホテルに車を置いて、徒歩で札幌駅へ。会場であるプラニスホールのある駅南のエスタに向かう。信号を渡り、会場入口で偶然にもライブメンバーと出くわす。一行は駅方面に行こうとしていたが、自分たちの後ろからこれまた偶然にも合流するYukoSayakaがやって来たので、来るのを待って、そのまま会場入りをしていた。時間に少し余裕があったので、K氏と2号さんと3人でしばしお茶して時間潰し。ホールのある屋上階に行くと、リハが押して15分ほど開場が遅れるらしいとの事。ちょうどORANCHEがリハ中だった。入場で、まずは主催者HPで予約した人から入り、次に事前にスタッフに取り置き処理をしてもらったORANCHEファン、最後に当日券の順となった。ライブ中は撮禁なので、ゆっくり座って見られる場所を確保し開始を待つ。
17時40分過ぎにライブスタート。まずは司会の笠井琴美ちゃんが登場。注意事項などを説明し、地元札幌のCAT'sから。3曲歌って2組目は同じく札幌のPink。「キューティーハニー」やAKB48の「会いたかった」などを歌っていた。4人組のグループなのだが、目を惹いたのがサブリーダーの堀あおいちゃん。身内には妙に納得されてしまったようだ(笑)。3組目は長野のココロコロン。正統派アイドルデュオって感じでいいです。ここまで実は睡魔との戦いで、かなりの苦戦を強いられていました(笑)。
4組目としてORANCHEが選抜8名のメンバーで登場。ぷ~ちゃんが眼鏡っ娘で出て来たぞ。オープニングはダンスナンバーとしておなじみになった「ワインド・アップ」から。メンバー紹介を経て「カメレオン・アーミー」。通常のダンスから発展し、最初のAメロ後の間奏部分のダンスで8人が横一列に並んでいたが、これがまた豪快でパワフルな感じ。3列目のぷ~ちゃんKaori姐さんは、中央からステージ端まですばやく移動しなければならないため、かなり大変そうだったな。そのまま「夢見るアスカ」に入り、3ヵ国語版で披露。手話レクチャーなかったので、自分たちだけになったのは少し残念だ。英語ネタのコント(笑)やって「YELL」に。しかしここでBメロを2コーラス目の歌詞で歌う痛恨のミスが出た。最初の間奏でメンバー間のアイコンタクトで、2コーラス目は1コーラス目の歌詞と入れ替えて歌い、初めて聴いた人にはあまり違和感を与えないよう乗り切った。でもこれで大反省会突入確定だなと心の中で思った。この「YELL」の失敗が尾を引いたか、ラストの「ジパング」でも一部歌詞が怪しくなって声がこもりがちになっていた。なんとか終わったものの、内容としては50点といった所か。「カメレオン・アーミー」の良さが無かったらもっと低かったと、ライブメンバーのためにあえて酷評をしておく。
最後は奄美大島のスパークリング☆ポイント。曲のバリエーションも幅広く、どの曲も飽きない良さがあった。出演者の中では最大の8曲を歌い、ライブステージは終了。続いて撮影会に入ります。撮影会は順に出演者が登場し、客は参加者で一斉に撮影という流れ。撮影会の準備の間に、撮影会には不参加のスパークリング☆ポイントの物販が行われていた。関係者に名指しでCD購入をさせられそうになっていた人がいたなぁ(笑)。
画像撮影会が始まり、まずはCAT'sから。続いてPinkが登場し、全員水着で登場。25枚撮ったが、その内20枚が堀あおいちゃんのソロショット。ここまで偏るとは、自分でもびっくりだよ~。次に司会の笠井琴美ちゃん。彼女も水着で登場。ココロコロンを経て最後にORANCHE登場。ぷ~ちゃんの前が空いていたので、混雑を避け、撮りながら眼鏡についていろいろ話をした。撮影会も何とか終了し、物販タイムに。特に買う物もないので(笑)、遅れて来たYuko宮様と、少しばかり話をしたりした。Shizunoちゃんとは「今日は大反省会だね」と言うと、本人も覚悟していた様子だった。しばらくグダグダした後、主催者側から気を利かせてくれて、最後に記念撮影をする事になり、スパークリング☆ポイントを除く全出演者がステージに上がる。意図としては集合写真を撮るのが狙いなのに、ここぞとがっついてソロショットばかり撮る人多すぎ。前に密集していて、全体写真が撮れないので、スタッフに交渉してようやく撮れる環境に。それでも半ばがっつき客がいるのは困ったもんだ。そんな中、なんとか目線こそ全ては来ないものの、全員がきっちり入った集合写真が何枚か撮れました。っていうか、こういう写真撮った人って数人しかいないんじゃ…。

画像


という事で、集合写真。意味無しがっつき客が多くて目線不揃いではあるが、撮れただけマシと思うようにした。

終了後、5人で飲み会突入。当初は駅前の「笑笑」に入るつもりだったが、ビール終日半額(230円)の看板が目に入って、ちっちゃい居酒屋へ(笑)。狭い座敷に5人で座り、まずはビールで乾杯。その後店主が気を利かせてくれて、隣のグループがいなくなったと同時に仕切りを動かし、広くしてくれた。他にもお薦めのネタとかを教えてもらい、北海道の酒の肴を味わう。アイドル談義に華が咲き、オーダーストップまで飲み食い。こうしてツアー初日は終了した。

ORANCHE in テイネオリンピア(7/21)

画像今日からORANCHEの北海道ツアーが始まりました。ツアーといっても、イベントが近場とかでなく、北海道で行われるというだけ。なので移動手段や宿泊など、全て自分たちで手配をしなければなりません。あらかじめ2ヶ月以上前からおおまかに日程が組まれたので、航空券の手配から始め、今日に至りました。
20日の仕事を終え、帰宅後はなるべく体を休めるようにして明け21日1時に自宅を出発。小雨が降っていたので、近場でタクシーを拾って静岡駅へ。2時19分発のムーンライトながらで東京へ。車中はPSPをミュージックプレイヤーにしてなるべく寝て過ごす。品川で下車し、京急乗り換え口へ。ここで浜松のK氏と合流し、羽田行きの快特に乗る。羽田空港に到着し、航空会社の関係でターミナルが違うので、駅で一旦別れる。6時30分発のスカイマーク703便で新千歳空港へ。雨の中、8時過ぎに無事到着。K氏は30分後の飛行機で来るため、時間潰しに急いでショッピングモールへ行き、じゃがポックル探しに(笑)。このじゃがポックルは、北海道限定のスナック菓子で、あまりの人気で店頭に並べる前に売り切れてしまうほど。店によっては入荷時間に合わせて行列が出来、10分余りで完売するそうだ。何軒もの店を回っている内に、タイミング良く入荷の場面に出くわし、段ボールから出してる所からどんどん持って行っていいので、制限の3箱をなんとかゲット。ANAの到着ロビーに戻り、K氏を待つが、定刻よりも若干遅れたようで、8時40分くらいにようやく合流。空港からはレンタカーで移動するため、送迎バスでレンタカー屋へ。ここで前日入りしている2号さんから電話が入り、札幌駅での合流予定をやめて、先にJRで移動すると連絡が。という訳で、ナビをテイネオリンピアに設定して出発。高速利用で一気に手稲ICまでいき、テイネオリンピアには10時半には到着。千歳を出た時は雨だったが、札幌市内に入る頃には嘘のように晴れたおかげで、思っていた以上に早い到着になった。
入場し、特設ステージ前に。ステージ前にはプルーシートが敷かれていて、そこが客席という事のようだ。11時前にリハ開始。今回あらかじめYukoSayakaの2人は夜に行われるライブからの参加と告知があったので、メインボーカルはNanaが務める事になったようだ。
12時から第1部開始。まずは「S.O.S」から。ブルーシートの上に荷物を置き、そのブルーシートの周りを移動しながらいろんな角度と距離でなるべく多くのメンバーを撮影するようにした。メンバー紹介を経て「サウスポー」へ。いつ見ても、この曲はSayuriがいい感じに見えるなぁ。「動物園がやってくる」「たまごの唄」を続けて歌い、最後は「YELL」「ジパング」で終了。リハの時よりも、Nanaは頑張っていたな。
物販タイム。今回のツアーTシャツを5,000円で売っていた。メンバーが必死に売り込みに来るが、K氏と共に購入拒否(笑)。物販終了後にすぐ近くのテントハウスにて昼食。メンバーもここで昼食となったようだ。食後のデザートにソフトクリームを食べようと思い、軽食ハウスに。熊笹のソフトクリームがあったので、バニラとのミックスを購入。思っていた以上に美味でした。
14時から第2部開始。この2部から新人のMadokaが参加となりました。「渚のシンドバッド」から始まり、「透明人間」「狙いうち」と3曲続けて披露。「動物園がやってくる」「サザエさん一家」と歌い、「YELL」「波乗りパイレーツ」で終了。物販タイムではYumiが執拗に法被の形に折られた伴天ふきん(2,000円)を売り込みに来たので、今日の記念という形で購入。スタッフに夜のライブのチケットについて質問をし、直接会場で購入する事になったため、前売り料金で入れるように取り置き処理をしてもらう。ライブ会場への移動並びにメンバーのリハの時間の関係で物販タイムも控えめにして、早めに解散に。2号さん、名古屋組の2人の計5人で移動を開始した。
画像

新人のMadoka(左)とステージデビュー1周年のNanami(右)。

第5回プロマージュ祭り & コンドマニア#4(6/30)

画像代々木のBC WORLDビルにおいて、第5回プロマージュ祭りが行われました。ラフx2学園のイベントという感じですっかり定着したようですね。今回のテーマは「体育祭」という事で、公式HPで紹介されている画像も全員が体操着という事で、かなり期待出来ます(笑)。入場すると、すでに紅と白にチーム分けがされていて、どちらが勝つか予想する事に。当たった人の中から抽選でプレゼントがもらえるらしい。そのチーム分けですが、紅組は田中瑞希黒田彩津田正広、白組は原田朋実秋山美幸山岡達也となっていました。このチーム分けを見て、迷う事なく白組に投票しました(笑)。さらに物販ではスクラッチが販売されていて、銀を削って同じ名前が3つ揃えばこのイベントで各メンバーが身に着けたハチマキがもらえるようだ。さらにポテトというのもあり、これが揃うと松山まみちゃんのサイン入りポテトチップスが当たるらしい。遊びで数枚買って楽しんでみた。
時間になり、まずはMCのドンドンまいまいが登場。簡単な進行上の注意などを。続いてゲストの前回のコンドマニア優勝者の少林寺健康クラブのコントが披露されました。そしていよいよラフx2学園の体育祭の始まりです。河野未佳ちゃんが登場しますが、先生なのでジャージ姿です。続いて選手入場で全員が揃います。選手宣誓が黒田彩ちゃんと山岡君の2人によって、ボケ無しでふつ~に行われました。
いよいよ競技開始で、まずはジェスチャー対決(笑)。場所が場所だし、なによりラフx2学園の体育祭だから、普通の種目は無いらしい。ま、予想通りなんですが。70秒でどれだけ答えられるかを競うというもの。ストップウォッチの調子が悪くていきなり別件で悪戦苦闘しましたが、なんとか行われ、白組の勝利。次は○○な人は誰だ!対決。適当にある質問を挙げ、それに該当しそうなお客さんを指名するというもの。「河野未佳ちゃんの生年月日を知っている人」というのが出て、生まれた年がわからないとボケまくる客席に苦笑するメンバーたち。さらにはオープニングで隣にいたへんしゅうちょが仕込みで持って来ていたあんパンを見かけた山岡君が「まさかとは思うけど」と前振りして「あんパンを持って来ている人」とピンポイント攻撃に出る(笑)。しかし、へんしゅうちょの方が一枚上手で、もう一つの方のパンを出して困らせる。そしてさらに津田君は、客の足下を見て「ナイキの靴を履いている人」と卑怯な手に出た。これは当然却下され、結果は引き分けで、じゃんけんで白組の勝ちに。3種目目は紅白対抗競技。白組は人形劇。紅組はキャンディーズの「年下の男の子」を歌いました。津田君のキモさが決め手となったのか、なぜか紅組の勝ちに。4種目目は足して足して21対決。ベスト10の中から順に選択し、その順位の合計が21に近い方が勝ちという、某昼の番組でよく見るような競技です。テーマは「彼女の気を引くためにカラオケで歌いたい愛の歌ランキング」で、年代的に新旧入り交じったベスト10なため、若いメンバーはその曲を知らないなんて事もあり、ジェネレーションギャップを感じていたようだ。結果は白が20点で、紅がドボンしたため白組の勝利。5種目目は叩いて被ってジャンケンポン。要はジャンケンして、勝ったらハンマーで相手を叩き、負けた方はヘルメットを被って防御するというやつです。ドンドンまいまい対決、大きい子(黒田秋山)対決、ちびっ子(田中原田)対決に加え、少林寺健康クラブ対決、お客さん対決、代表者対決と行われ、引き分けなので、サドンデスで大きい子同士で対決し、白組の勝利に。しかし年上の朋実ちゃんに対し、容赦ない攻撃をする瑞希ちゃんには怖さと可愛さを感じてしまいます。
画像結果白組の優勝となり、白組の勝因を聞かれ、「津田君」と答える白組メンバー。さらに紅組の敗因を聞かれ、「津田君」と答える紅組メンバー(笑)。ズバリ予想通りでしたよ。そして「未来のトビラ」を歌い、撮影会と続き、最後にアンコールとしてもう1回「未来のトビラ」を歌って終了。
終了後にツーショットチェキ撮影が行われはじめ、この段階でまだスクラッチが数枚残っており、全員分のハチマキ当選くじが出ていない事が判明したため、残りをへんしゅうちょと買い占めて無事(?)コンプリート。ちなみに自分は黒田彩ちゃんのハチマキとポテチをゲットしました。
16時からはコンドマニア#4が開催されました。MCはセレBoo姉妹が務める事になったようだ。まずは出演者全員が登場。今回も個性派揃いの面々のようだ。全部で10組が登場し、さらにプロマージュの3組がそれぞれネタを披露しました。投票の結果、モノマネで大笑いさせてくれたマリッジブルーこうもとが初優勝を果たしました。最後は恒例となった記念撮影をして終了となりました。
画像

三菱電機「みつびし愛サンサンフェスタ」(5/27)

画像三菱電機静岡工場にて「みつびし愛サンサンフェスタ」が行われ、ORANCHEがステージイベントを行いました。10時開場に合わせ、バイクで現地へ。正門ではなく、あえて西門から入場する。すると、ORANCHEメンバーによるお出迎えを受けた。てっきり正門の方でと思っていたので、これは嬉しい誤算。おかげで今日この現場に来た事が全メンバーに認識される事に。ステージ前まで行くと、すでにゲキレンジャーショー目当ての親子連れのみなさんによる席取りがなされていて、ほとんど空いている所がない。自分らとさほど変わらないか、それより下の年齢の親たちの熱意に圧倒されてしまったよ(笑)。それでもなんとか2列目の隙間に入れてもらって一安心。しかし前の日もプリキュアのショーがあったのでかなりの人出だったそうだが、今日は半端じゃないくらいの人出のようだ。
10時半に第一部開始。登場はいつも通りであったが、1曲目は「動物園がやってくる」からだった。自己紹介MCの後はピンクレディ・メドレーとして「渚のシンドバッド」「モンスター」「ペッパー警部」と3曲続けて披露。「い~ずらワサビ」を歌い、ここでクイズ大会に。元々の予定ではステージ後にクイズ大会のはずだったが、ステージの中に組み込む形に変更したようだ。数名のメンバーが客席に降り、回答を聞く役目に。クイズ自体は三菱製品にまつわる簡単な三択問題。ファン数名が一生懸命挙手してたけど、こういう場では一般客しかまず指さないんだけどねぇ。クイズ後は再び歌のステージに。「YELL」「ジパング」と歌って終了。
この後のゲキレンジャーショー目当ての親子連れに席を譲って、一番後ろに下がる。物販時は宮様Yukaあたりと話をした。ゲキレンジャーショーの時間を利用して、軽く昼食を食べに屋台を回ったり、抽選をしに行ったりして、余った時間はショーを見る。普通のショーは、悪役がやられて終わりだが、なぜか悪役はやられないで引き分けみたいな感じで終わっていたな。最近のヒーローショーは展開がよくわからんなぁ。ショーが終わり、サイン会と撮影会に移行したため席が空き始めたので、また2列目の席をキープ。
13時から第二部開始。「S.O.S」から始まり、ダンスナンバーの「ワインドアップ」と続き、久々の「フィレンツェ的に恋をして」。MCをはさみ、懐メロメドレーに。手話レクチャーを経て「夢みるアスカ」を。ここでまたクイズ大会に移行。下に降りて子供にマイクを向けていたSayuriが、その子を泣かすハプニング。いきなり泣かれて本人も相当困ったようだが、故意じゃないし、ちっちゃい子だから何が起こるかわからないからこれはSayuriに同情するよ。その後「YELL」「波乗りパイレーツ」で終了。
終了後はステージ裏のテント前にて交流タイム。クリアファイルをもらったり、来月の新宿でのライブのチケットの売りつけを断ったり(笑)。後は社長から北海道ツアーに関する情報を聞いたりなど、北海道ツアーまでしばらく会う機会無いので、比較的多くのメンバと交流。最後は挨拶の後全員とハイタッチして別れる。

麻雀格闘倶楽部6

久々にMFCネタを。
ようやくですが、
画像

累計黄龍オーブが400個になりました。300個突破から結構時間がかかりましたが、それなりに増えて来ているので良しとしよう。
現在MFC6になってから最初の全国大会「第1回 雲蒸龍変 夏の陣」の予選が開催中で、とりあえず参加しています。まだ2戦しかしてませんが、2位、1位とまずまずのすべり出しです。予選は24日まであるので、いい流れをみてタイミングよく参戦していいスコアが出るようにしたいと思っています。ルールが今一番相性のいい競技ルール(一発・裏ドラ・赤ドラ・槓ドラ無し)で行われているのも好材料かも。ちなみに競技ルールでは9戦5勝、2位2回、3位2回という戦績です。

ORANCHE in 伊豆シャボテン公園(5/6)

画像ORANCHEのゴールデンウィークイベント最終日。ここまで神がかり的に天候に恵まれていたのだが、ついに雨となった。バスで静岡駅へ向かい、普通列車で熱海を目指します。しかしこの雨が影響したか、原駅に着いた所で沼津の手前で人身事故が起きたらしく、電車が完全にストップしてしまい、足止めを喰らってしまう。1時間近く動く気配がなく、後続の電車がホームに入った所で折り返し運転をする事になったようなので、この電車で急遽富士駅まで戻る事に。そして富士駅からタクシーで新富士駅へ移動し、新幹線で熱海まで出る。その後の接続がうまくいった事もあり、シャボテン公園には12時過ぎには到着出来た。
13時から1回目のステージ。今日はチンパンジーのショーの前座なので、少しばかりこれまでとは進行が違います。「カメレオン・アーミー」「YELL」と歌い、手話レクチャーをして「夢みるアスカ」に。ラストは「ジパング」で20分くらいで終了。チンパンジーのショーまでのわずかな時間物販があり、あまり交流する事もなく終了。アスカちゃんのショーを見て、ショー終了後に人がいなくなった所でゆっくり昼食&昼寝(笑)。
14時半から2回目のステージ。オープニング無しでいきなり「UFO」からスタート。MC挟んで「ペッパー警部」「YELL」と歌い、手話レクチャーをして「夢みるアスカ」「波乗りパイレーツ」で終了。そのまま今度はピンキーちゃんのショーを見て、終了後に交流タイムに。写真はそこそこにしてメンバーを絞ってトーク中心に。電車止まった話は掴みとしてはそれなりのネタにはなった。
終了後はメンバーを見送ってから園内バスで入口に戻り、ちょうどバスが止まっていてくれたおかげで待ち時間無しで伊東駅まで戻れた。イベントが全て終わって気が緩んだせいか、この4日間の疲れがにここに来て一気に出て、バス内熟睡、熱海まで戻ってからは新幹線で帰った。4日間静岡県内でイベントだったのに、東・名・阪への遠征したみたいに疲れました。

ORANCHE in 浜松フルーツパーク(5/5)

画像ORANCHEのゴールデンウィークイベント3日目。今日は浜松です。朝7時に2号さんと一緒に静岡駅へ向かい、あ○ちゃんと待ち合わせをして、彼の車でまずは掛川へ。掛川駅でO平さんを拾って5人でフルーツパークへ。今日はこどもの日で小学生以下は無料ということで、朝からかなりの人出でした。入場し、いつものステージへ。今回は不安定な天候の都合でスタッフがテント設営の申し込みをしなかったため、車をそのまま乗り入れて機材搬入をしていた。そのため、メンバーも登場時に少し大変な思いをする事になった。
12時に第1部開始。「S.O.S」から始まり、フルーツバージョンの自己紹介に。以前、Shizunoがメロンだったのだが、なぜか宮様がメロンになり、Shizunoはグレープフルーツになっていた。2曲目は「透明人間」で、3曲目は「サザエさん一家」。間奏のクイズは浜松に関する物でした。「YELL」「ジパング」と歌って終了。物販タイムでは日差しの加減が良かった事もあり、いつもより頑張って写真撮らせてもらった。
1時間程空き時間が出来たので、あらかじめコンビニで買っておいた物を食べて、余った時間はお昼寝タイムに。陽気がいいのでのんびりできたね。
14時から第2部開始。「渚のシンドバッド」「カメレオン・アーミー」「サウスポー」と3曲続けて歌う。手話レクチャーを経て「夢みるアスカ」。後半は一気に「平成バカヤロウ音頭」「YELL」「波乗りパイレーツ」と歌って終了。物販タイムはそこそこにして、その後は交流タイムに。いろんな組み合わせの写真撮ったりしたな。
終了後はメンバーの乗ったバスを見送ってから会場を後にする。あ○ちゃんたちはそのまま高速に乗って帰るらしいので、インターにほど近い遠鉄の駅で2号さんと降ろしてもらい、電車で新浜松駅へ。JRで静岡へ戻り、そのまま2人で飲みに突入。終バス前には出て帰宅。

CDキャンペーンin パルシェ(5/4)

画像ORANCHEのゴールデンウィークイベント2日目。今日は地元静岡駅ビルパルシェにて大林幸二さんとのキャンペーンです。開始が14時からと通常よりも少し遅めなので、午前中ゆっくり出来た。リハには間に合うように行き、一番後ろのカメラマン席(笑)を確保。14時から第1部開始。MinamiKaoriの2人が登場し、大林さんを紹介。「義経のポエム」からスタート。軽快なトークを挟み、「大当たり!音頭」「鵜飼舟」と自身のオリジナル曲だけで構成。最後はもう一度「義経のポエム」を歌って一旦終了。ORANCHEの出番となり、まずは「S.O.S」から。この日のために新衣装での登場となったのだが、直後の「モンスター」での激しいダンスに耐えきれず、一部メンバーの肩ひもが壊れるハプニングが。「い~ずらワサビ」「YELL」「波乗りパイレーツ」で出番は終了し、最後にもう一度大林さんが登場し、「関ヶ原!男の決断!」を歌って終了。物販タイムでは肩ひもが壊れたメンバーの一部が出て来られないなどのトラブルがあった。この衣装、今回限りで封印だろうなぁ。
いつもと違い、間もなくして16時から第2部が開始。NanaSayuriが出てきて漫才みたいな事やってくれる。これじゃNanaも吉本じゃん(笑)。大林さんについては1部と同じ進行。ORANCHEは、まず新曲となる「ワインド・アップ」。ボーカルの無いダンス曲である。これでまた新たなレパートリーが増えたな。ちなみに1部とは違う新衣装での登場で、一見ボーイさんのような黒と白できめた衣装で、似合っているメンバー多数。「ペッパー警部」「カルメン'77」と歌い、「YELL」「ジパング」で終了。そして締めにまた大林さんが登場し、「関ヶ原~」を歌って終了。物販タイムではYukoを呼んで、前回ヨーカドーのイベントの時にした約束を果たす。今度は間違えなかったな(笑)。他にも普段なかなか絡まない子とも撮影などで交流したりした。
終了後、今日からうちに泊まりの2号さんとあ○ちゃんらと駅前の居酒屋で飲み会突入。明日車で浜松まで送ってもらう事になり、あ○ちゃんはアルコール控えめ。2時間くらいでお開き。

ORANCHE in 焼津さかなセンター祭り(5/3)

画像ORANCHEのゴールデンウィークイベントの初日。まずは焼津さかなセンターにて行われた「焼津さかなセンター祭り」のステージイベントに登場です。このイベントの直前、リーダーIzumiの突然の卒業発表があり、新生ORANCHEとしての再出発の日となった。昼からなので、いつも通りに9時くらいに静岡を出発し、焼津駅からはバスで会場へ。ステージのある中庭へ向かう途中、Chiharuちゃんと遭遇し、軽く会釈。すでに最前には見慣れた顔が(笑)。2列目くらいの席を確保し、しばらく地踊りなどを見て過ごす。ステージ開始前に海鮮汁の無料配布があり、無くなる寸前だったがなんとかありつけた。
12時から第1部開始。まずはMinamiKaoriの2人が登場。プレジアレコード新人のKEITAを紹介。そして彼があのTOBICCOの名曲「with」を熱唱。まだまだ経験不足が目立つものの、それなりに歌えてたな。その後はORANCHEの登場となり、まずは「S.O.S」から。新体制ではリーダーはMinamiが昇格となり、Kaoriちゃんは裏リーダーのまま。サブは一瞬Sayuriになったかと思われたが、みんなが自分が自分がという感じでもつれる。どうやらこれについてはネタのようだ。という事で、サブ不在って事のようだ。魚バージョンのメンバー紹介を経て「透明人間」を。3曲目は「サザエさん一家」で、間奏部分でのクイズは焼津にちなむ問題が。相変わらずSayuriには難問が。「YELL」「ジパング」と歌って終了。物販タイムでは、Chiharuちゃんと宮様をつかまえて撮影したり。
第2部まで1時間以上あり、ここで昼食。食堂は混雑しているだろうと読み、あらかじめコンビニでおにぎりを買っておいたので、後は飲み物としてビール買ってベンチで飲食。あとビンゴ大会もあり、ビンゴ不成立で参加賞の黒はんぺんをもらい、生ものなのでその場で食べたり、初かつおの刺身の無料配布を受けたりしていい感じの時間潰しが出来た。
15時から第2部開始。今度はNanaSayuriが登場。「吉本のSayuriで~す。」と言っていたが、やっぱそうか(笑)。1部と同じでまずはKEITAの「with」から。ORANCHEは「渚のシンドバッド」「カメレオン・アーミー」と2曲続けて歌い、手話レクチャーを経ての「夢みるアスカ」。今回から間奏部分でも手話レクチャーを取り入れたりと、Minamiリーダーの新たな試行がなされた。「平成バカヤロウ音頭」「YELL」「波乗りパイレーツ」で終了。物販タイムではNanaShizunoあたりとよく絡んだな。最後に珍しく全員がステージ前に集合し、集合写真を撮る事に。さすがに全員の視線が揃ったのはないが、なかなかいい感じのは撮れた。
解散後はタクシーで5人乗り合いで焼津駅へ。バスより少し高くついたけど、早く帰れたからいいか。

西堀真子 21st Birthday

今日はあの西堀真子ちゃんの21歳のお誕生日です。
画像


誕生日に先駆けて、28日に誕生日会を開いたのでお祝いしに参加してきました。
あまり変わってなくて、楽しい時間を過ごせました。
落ち着いた日々を過ごしているそうなので、今後も温かい目で見守ってあげてください。

第3回プロマージュ祭り(4/28)

画像代々木のBCワールドビルにおいて、「第3回プロマージュ祭り!」が行われました。今回はラフx2学園お披露目という事で、初代Teacherとして河野未佳ちゃんが登場しました。オープニングにはおなじみのドンドンまいまいの2人が登場し、進行を務めます。客席前方の客とはすっかり顔なじみになった感じでやりやすそうな感じ。すっかりうちらのペースに染まったな。まずは前回のコンドマニア優勝者のしんのすけとシャンのコントから。会場の笑いを十分取った所でいよいよラフx2学園の登場です。生徒が順々に登場し、最後に先生が登場し、まずは出欠をとります。1番は黒田彩ちゃん。2番はふかやれいちゃんで、この2人は以前NHKで行われた時にも参加していたメンバーです。キャラクターもその時と同じような感じでした。3番は田中瑞希ちゃん。一見おとなしそうだけど、隣の原田朋実ちゃんの持っているクマのぬいぐるみを抱かせてもらいつつ投げ飛ばす怖い一面も持ち合わせた子という設定のようだ。あくまで設定ですからね。4番は先述の原田朋実ちゃん。彼女は吉祥寺での即興芝居のイベントで見ているので、今回で2回目です。クマのぬいぐるみのオシムくんとは2人で1人という事らしい。5番は秋山美幸ちゃん。広い家に住んでいて、よく迷子になるらしいお嬢様の設定で、執事として津田くんを引き連れています。山岡くんは唯一の男子生徒で学級委員長のようだ。
全員が揃った所で授業開始。今回は「ゴールデンウィーク」について勉強します。元々は 1951年に大映の松山氏が、映画の黄金週間にちなみ命名した造語だそうだ。しかし、NHKでは休めない人から「何がゴールデンだ」などの抗議があったり、カタカナ語の多用を避けるなどの理由から「大型連休」という呼び方をしているらしい。なかなか勉強になるなぁ(笑)。
画像ここでゲストとして松山まみちゃんが登場し、質問コーナーに入ります。生徒からのいろんな質問に真剣に答えるまみちゃん。着ているTシャツに描かれているトムとジェリーの話題になり、ビデオで見たとのコメントに対し、「先生は?」と客席から質問が出て、「もちろんビデオで」との回答に一同「え~」(笑)。あまりにきれいに揃っていたせいか、なぜかメンバー一同感心したらしい(笑)。お約束だから。
一通り終わった所で歌に。「未来のトビラ」を全員で歌います。ソロと違って、一部振り付けをユニット用に変更したりして、マスゲーム要素も取り入れてありましたね。歌の後はお待ちかねの撮影会。まずはラフx2学園全員でのグループ撮影、そして松山まみちゃんのソロ撮影の順で各列2分の持ち時間で撮影します。グループ撮影は目線を揃えるのに大変ですが、各回5人くらいなので、左から順番にという感じで調整し、うまく全員の目線をもらいながらの撮影に成功。撮影会終了後にメンバーに感想を聞きます。初めてイベントに参加したメンバーもいて、お客さんが温かく見守ってくれて楽しかったという声も。慣れて来るといじられるのに。しんのすけとシャンの2人も登場し、微妙に場違いな雰囲気で緊張していたようだった。最後にもう一度「未来のトビラ」を歌って終了。
終了後にCDやDVD購入者へのサインやツーショットチェキ撮影会が行われ、わずかな時間ながら、メンバー一人一人との交流があったのは嬉しい。この後のコンドマニアに未佳ちゃんが出る事になったようだが、都合が悪く、今回は見送る事に。小雨の降る中、会場を後にした。

麻雀格闘倶楽部6 & MJ3 EVO

画像ようやくホームのSサプリ24に麻雀格闘倶楽部6が導入されたので店舗変更しに2ヶ月振りに行きました。2月以降、アップル伊呂波店が1クレ80円をやっていたため、ずっとそっちに行ってたけど、100円6クレでネクストがデフォより5,000点低く、ライフ8,000設定なので、また復帰した。ただ、コンテは2クレ設定なので、1クレ余計にかかる時は一旦カード抜かないとならないのがめんどくさい。
基本的に三麻をメインにして、ようやく三麻の今期獲得黄龍オーブをプラスに。そしてライフ8,000設定を活かして競技ルール卓も打つ。アップル伊呂波店で打った時は3位3位2位1位といまいちだったが、ここで連勝して雀指数を2554に伸ばす。ちなみに現在全国75位(22日23時の時点で)らしい。
画像続いてMJ3エボリューション。MJ3始めてもうすぐ1年かな?とりあえず十段まで上がってキープしてます。いろいろアバターをコーディネートして、現在はこんな感じ。これはもちろんキャラ選択時から某嬢をイメージして、その後手に入れた髪型や服などに替えて来た。このキャラ画像を運良く本人に見せられる時があったので見せた所、自分に似ててビックリと喜んでもらえた。東風戦リーグがA2なので、プロリーグ参加券が手に入る所までは来てますが、キープすら怪しい状態なので今は放置状態。果たしていつになったら強者に昇格できるのか…。エボリューションになってからはほとんど三麻しかやっておらず、最初の頃は北のドラ扱いに痛手を被るケースが多く、最大6連敗などもあったが、最近になってようやくアベレージを2位以内にする事が出来た。先日三麻で全国大会があったのでエントリー。序盤はなかなか勝てなかったのだが、尻上がりに調子が出て、2連勝・2位・5連勝の+390をたたき出して堂々の入賞を果たした。
現在メイン店舗はセガワールド静岡豊田店で、初回2クレかかるのだが、コンテが全モード2位以下オール1クレなため、タイムオーバー無しを選択した方が長く打つにはお得。てか、なぜかタイムオーバー有りの方は、コンテ時1クレ入れてもタイムが90秒に戻らず、2位は45秒増えるが、3位以下と三麻は2位以下でもタイムが増えないので、否応なしに無しを選ぶハメになる。特に半荘戦タイムオーバー無しは初回全部で5クレかかるので悩む所だが、2戦目以降は1戦1クレで打てると思えば絶対選ぶよね。今度良ければ打ちに来な。>心当たり